くまの素(くまのもと)は玉名・荒尾・山鹿・菊池の観光、日帰り・立ち寄り・宿泊温泉、ランチ、グルメ、おみやげ情報が満載

熊本県北の宝もん:おすすめ体験 菊池:菊池渓谷で、観光ガイドさんとネイチャートレッキングを体験

熊本県北の宝もんバックナンバー

更に観光を満喫するのにおすすめの「体験もの」をご紹介するコーナー。今回は「菊池渓谷で、観光ガイドさんとネイチャートレッキングを体験」です。熊本県北の魅力が体感できますョ!

阿蘇の豊かな恵みがつくり出した見事な景観に、心から癒される。

菊池市街地から山の奥深くへ進むにつれ景色が変わっていきます。今回は「憩いの森」として親しまれている、熊本を誇る自然の宝庫「菊池渓谷」を散策してきました!今日は特別に観光ガイドさんにお願いしてあるので、色々詳しい話が聞けそうです。

阿蘇外輪山から湧き出た地下水が造り出した菊池渓谷は、うっそうとした広大な広葉樹の原生林で覆われ、春は美しい新緑、夏は避暑地として、秋は見事な紅葉、冬は霧氷の花など、大自然が織り成す見事な景観を存分に楽しむことができます。

菊池渓谷

早速体験に行ってきま?す!

駐車場に車を停め、期待に胸をふくらませ周りの風景を楽しみながら歩くと、入り口が見えてきました。料金所の前にはレストランやお土産売り場、露店なども出ていて、多くの人でにぎわっている様子。清掃協力金100円を払って、いよいよ入谷です!

料金所を過ぎた休憩所で観光ガイドの隈部さんにご挨拶。マップを見てみると、往復1kmの「癒しコース」と、往復2kmの「マイナスイオン満喫コース」があり、今回は「癒しコース」を周ることに。通常の所要時間は30分位なのですが、ガイドさんの細かい説明を聞きながら周るということで1時間ほどかかるそう。なんと!看板にエネルギー消費率まで細かく書いてあり、歩く前からやる気が沸いてきました!けっこうな山道なので、歩きやすい格好&靴がおすすめとのこと。そうかと思い、今日の格好はスニーカーと肩掛けバッグで気合い十分!

観光ガイドの隈部さん

観光ガイドの隈部さん

マップを見ながらコースの説明を受ける

マップを見ながらコースの説明を受ける

いよいよ渓谷トレッキング開始!

料金所を過ぎ、赤い橋を目の前にした辺りで、急に気温が下がったのがわかりました。おぉ…!体感温度が5℃くらい低いのでは!?と思うほど、ひんやりした空気。まさに天然のクーラーです!早速、赤い橋を渡り、橋の上から水面を眺めていると、どこまでも透き通る水の美しさに感動!ガイドさん曰く、なんと!ヤマメが住んでいるとのこと。すごく綺麗な水にしか生息しない、あのヤマメが住んでいるなら、水が綺麗な証拠です。

四国八十八ヶ所巡りにちなんだお地蔵さん

四国八十八ヶ所巡りにちなんだお地蔵さん

菊池渓谷

水辺は涼しくて気持ちいい?

橋を渡り、意外と険しい遊歩道を歩いていると、小さなお地蔵さんの姿が。また水辺に近づくと、最大の見物「黎明の滝 」が見えてきました。気温が下がり、水しぶきとともにマイナスイオンたっぷりの空気が体を包み込んでくれます。水を見ているだけでも涼しくなれるから不思議です。
ガイドさん曰く、流れ落ちる滝の中央部分がコバルトブルーに見えるのは、ここ菊池渓谷だけなのだそう。へぇ?そうなんだ!確かに今まで他で見たことないかも。また、見る場所や天候によって微妙に水の色が変化するそうです。なるほど。菊池渓谷を知り尽くしているガイドさんだから分かることですよね。残念ながら今日は水の量が多くて小鳥のさえずりは聞こえなかったのですが、普段は小鳥のさえずりと水のせせらぎの音が調和してとても心地いいんですよ。とガイドさん。

記事の続きはこちら⇒

次のページへ
一緒に楽しむおすすめ情報
菊池の「おいしいランチ」
菊池の「おいしいランチ」
2010.08.01更新 この界隈のうまかもん
デザートは寿温泉会館の「アイスキャンディ」
デザートは寿温泉会館の「アイスキャンディ」
2010.08.01更新 厳選のお持ちかえり
美人の湯、菊池温泉「笹乃家」
美人の湯、菊池温泉「笹乃家」
2011.09.02更新 熊本県北の温泉

近隣のサポーター店

ページトップへ