くまの素(くまのもと)は玉名・荒尾・山鹿・菊池の観光、日帰り・立ち寄り・宿泊温泉、ランチ、グルメ、おみやげ情報が満載

物産館・道の駅レポ−ト

荒尾のワインといえば まちんなか交流とワイナリー青研

ファイル#06

炭坑の町、荒尾市にある「青研」。ここはワイナリーを併設した農産物直売所なんです。

閉山後、深刻化していたまちの衰退をどうにかしようと、商店街の店主を中心に、地元の農家、市役所の職員らが一丸となって立ち上がりました。
「自動車や自転車に乗れない高齢者などは、郊外の大型店には遠くてめったに買い物に行けない。」この現状を踏まえ、「徒歩圏内マーケット」というビジネスモデルが誕生し、今や新しい地域再生ビジネスモデルとして全国から注目を集めています。

この「徒歩圏内マーケット」を生み出す大きなきっかけとなったのが「地域再生マネージャー制度」。以前横浜でワイン醸造所を作り、それをまちづくりに活用するという取組で実績をあげたマネージャーを招き、商店主5名と共に手探りの状態からワインづくりをスタート。空き店舗探しに始まり、企業組合「中央青空企画」の設立、困難を極めた製造免許(仮免許)取得。そして2006年6月、ついに荒尾の商店街で生まれたワインとして、商品名「荒尾乃葡萄酒」を発売。ワインの仕込みはボランティアで行われ、その収益はまちづくり活動に充当しているとのこと。

ワインの種類には、酸味があり果実味豊かで口当たりの優しいアメリカ産「コンコード」、渋みと上質な甘みがあり、香り豊かで深い後味が特徴のオーストラリア産「カベルネソーヴィニヨン」。また二つの品種のブレンドもあり、赤・白と揃っています。
750ml 1,340円(税込) 500ml 1,090円(税込)

最近では、国の重要文化財に指定されている三池炭鉱「旧万田坑」のグランドオープンを記念して、万田坑記念ボトルを発売中。明治35年に開坑し、明治・大正・昭和の主力坑として脚光を浴びた国内有数の炭坑。

また、オリジナルラベルの制作も行っており、お祝い事や記念品など、注文を受けているとか。

今後もワイナリーのある農産物直売所から目がはなせません。ワインはネット通販でも買えるので、是非ご賞味ください。

店舗情報

青研(まちんなか交流とワイナリー)
営業時間: 9:00〜17:00(日曜は休み)
定休日:日曜日
  • 住所:熊本県荒尾市増永2000-15
  • 電話:0968-62-3446

青研(まちんなか交流とワイナリー)外観写真

青研(まちんなか交流とワイナリー) 位置図

詳細地図はこちら

アイコンにカーソルをあてると、店名が表示されます。

近隣のサポーター店

ページトップへ