くまの素(くまのもと)は玉名・荒尾・山鹿・菊池の観光、日帰り・立ち寄り・宿泊温泉、ランチ、グルメ、おみやげ情報が満載

物産館・道の駅レポ−ト

いちご・トマトといえば ふるさとセンターY・BOX

ファイル#05

有明海に隣接するいちごの産地、玉名市横島町。見渡す限り、干拓地ならではの広大な平野が広がっています。

この町の物産館「ふるさとセンター Y・BOX」は、一番の特産品であるいちごをはじめ、トマト、ミニトマト、かぼちゃ、海苔、玉名市全土から集まる新鮮野菜・果物などがズラリと並び、イチゴやトマトの加工品も人気があります。

この町のメインイベントといえば、やっぱり"いちご狩り"。12月〜5月にかけて多くの人で賑わいを見せています。自分で収穫したいちごの味は、また格別にうまい!"紅ほっぺ" "さがほのか"という品種だそうで、大粒で甘くておいしい!食べ放題で時間制限もなく、ゆっくり楽しめます。(小学生以上1000円、幼児300円)

店内写真イチゴ狩りの写真

物産館の中もいちごがいっぱい。通常パックの4倍は入ってそうな箱売りのいちごがジャム用として売られていたり、塩田にがり育ちのいちごも。
ここ横島町はトマトの生産地としても有名で、ももたろう、千果、最近ではシシリアンルージュ、あと塩トマトなるものまで!いちごもトマトも常に品種改良を重ねられているとか。小ぶりで上品な「黒皮かぼちゃ」もあります。また、洋蘭「シンビジューム」の生産地としても有名で、毎年12月の1ヶ月間、洋蘭フェアーが開催されおり、多くの蘭ファンが訪れているとか。

ずらっと並んだ箱売りいちごの写真トマトの写真

加工品では、いちご、トマト、かぼちゃのジャムがおすすめ。健康を配慮した黒砂糖入り・はちみつ入りのイチゴジャムもあります。
あと、濃厚なトマトの味がぎゅっと詰まった"トマトケチャップ"もリピーターが多い人気商品。 甘くてフルーティな味わいの"いちごワイン"もお土産としてもおすすめです。
また、濃厚ないちごのソースがかかった"いちごのソフトクリーム"は、大人から子供まで大人気!

ジャムの写真いちごワインの写真洋蘭の写真

毎年2月に行われている「いちごマラソン大会」。20年以上の歴史があり参加者5千人を超えるビッグイベント。給水所ではいちごやトマトが配られ、いちごを食べながら参加できるという異例のマラソン大会。皆口にほおばりながら楽しそうに参加しています。一足早い春を感じながら、のんびり走ってみるのもいいのでは。

物産館の隣に、ちょっと目を引く珍しいラーメンを発見!麺が黒い?
実はこの麺、特産品の海苔と食用の竹炭を練り込んだもので、海鮮スープとよく合う、海の恵みいっぱいのラーメンでした。是非帰りにお試しあれ。

店舗情報

ふるさとセンター Y・BOX
営業時間: 9:00〜18:00
定休日:元旦
  • 住所:熊本県玉名市横島町横島1716
  • 電話:0968-84-3700

ふるさとセンター Y・BOX 外観写真

ふるさとセンター Y・BOX 位置図

詳細地図はこちら

アイコンにカーソルをあてると、店名が表示されます。

近隣のサポーター店

ページトップへ