くまの素(くまのもと)は玉名・荒尾・山鹿・菊池の観光、日帰り・立ち寄り・宿泊温泉、ランチ、グルメ、おみやげ情報が満載

県北旅プラン

県北旅プラン

2012-4-20 更新
爽やかな春風に吹かれゆったりみかんの花咲く里、天水をめぐる〜玉名市横島町・天水町編
「春の海ひねもすのたりのたりかな〜与謝蕪村〜」の句が頭をよぎるほど、天水のみかん山から眺める有明海は穏やかでのどかです。

県北旅プラン

県北旅プラン

そしてそのみかん山は、真っ白のみかんの花で埋め尽くされ、甘酸っぱい香りが一面に漂います。
爽やかな春風に吹かれてゆったりするのもよし、公園を駆け巡ったり、草枕の道を散策したりするもよし。暖かな春の一日をみかんの花の香の中で過ごしませんか?

県北旅プラン

おすすめルートスタート!

10:30〜 山の上展望公園
ここから見る有明海、普賢岳は一味違う、木製ジャングルジムが目印山の上展望公園
展望ビッグジャングルジムが公園のシンボル。一般的な「手を使って登る」ものとは異なりますが、内部は複雑な構造で迷路のような階段とスロープで組み上げられており、まるで古い史跡のようです。(※現在、木材の腐食等で立ち入り禁止となっています。)

公園内の展望所からは、イチゴやトマトのビニールハウスがキラキラ輝く田畑や有明海、雲仙普賢岳が見渡せる絶景が広がります。広場には遊具やベンチがあり、有明海からの心地よい風を受けながらのんびりできます。この高台は、約400年前は孤島で、山城があり、海上交通の目標となる重要なところだったそうです。加藤清正公以来多くの大名がこの地を干拓し田畑を広げてきました。公園内の干拓歴史広場で、横島町が干拓の繰り返しにより現在の形になった過程を図形と番号で知ることができます。


山の上展望公園山の上展望公園山の上展望公園

motomo干拓の歴史に興味がある人は、くまの素いいものいいとこ Vol.9「旧玉名干拓施設」を読んでいくと、もっとわかりやすいの〜♪
詳しい情報・地図はこちら

  • 7.5km 車で11分
11:30〜 そば処「秀(ひで)」

※写真はもりそばと天ぷら御膳

打ちたての蕎麦も、窓から見える景色も“とびきりのごちそう”!そば処「秀(ひで)」
天水出身のオーナーは、県外で飲食業に就く傍ら、イベントや施設で蕎麦打ちの実演を行っていた経験から、本格的に修業してそば処「秀」を開店。実家のみかん畑を造成して店舗を建設。店内は木材を豊富に使い、窓を広くとり、ゆったりしたスペースで、窓から見える有明海や普賢岳の景色が内装と相まって、何とも落ち着く店づくりです。

もちろん蕎麦の味も逸品。できるだけ注文を受けてからそば粉をこねる、打ちたての蕎麦は、細麺でのど越し良く、もりそばがおすすめ。「蕎麦御膳」には、前菜、ご飯、デザートが付き、ボリューム満点。ご飯は季節により五目寿司になったり炊き込みご飯になったり…。「小さい御膳」は小さめのそばに天ぷら、おむすび、デザートが付き、お子様や女性に人気のメニューです。オープン以来ほとんど広告をしていませんが、リピーターと口コミで、来店客がどんどん増えてきています。

そば処「秀(ひで)」そば処「秀(ひで)」そば処「秀(ひで)」

残されたみかん畑には、みかんのオーナー制度も。1,500円で自分のみかんの木が持てます。そのほか、季節の花があちこちに植えられ、ちょっとした公園のような庭を散策でき、小さなテーマパークのようです。

詳しい情報・地図はこちら

  • 8.5km 車で13分
13:30〜 なな・みかんギャラリー
天水町が生んだ感性の画家、川田ななさんの作品に出会うなな・みかんギャラリー
知る人ぞ知る天水町が生んだ若い画家、川田ななさん。高校、大学と絵を学び、卒業後は中学校の講師をしたり、絵を描いては個展を開いたり…。玉名市や天水町のポスターやカードを作成したり、子ども人権110番カードに採用された絵もあります。数々の賞も受賞し、これからという2001年4月、25歳の若さで亡くなりました。10年余りの短い年月ですが、彼女は大好きな絵をたくさん残しました。思い出の作品をご家族が展示されているのが「なな、みかんギャラリー」。ゴールデンウィークの間だけ一般開放されています。
川田ななさんの実家は、みかん農家さん。主に河内晩柑や温州みかんなどを生産されています。
  • 8km 車で12分
15:00〜眺めが最高の天空の露店風呂草枕温泉 てんすい
草枕温泉 てんすい

草枕温泉てんすいの魅力は、「露店風呂」と「草枕の湯」。有明海に向かって張り出すように造られた露天風呂から見る絶景はどこまでも続く空と海、そして遠くに雲仙普賢岳がそびえます。また、夏目漱石の小説『草枕』の舞台となった前田家別邸の浴室を模して造られたという「草枕の湯」は、『草枕』の中で主人公とヒロイン「那美さん」が遭遇した幻想的な場面を思わせる趣ある造りです。源泉は45.5度の単純アルカリ泉、肌にやさしいお湯に、地元だけでなく、毎日、福岡県や熊本市から草枕温泉ファンが訪れます。

熊本県北の温泉 取材のページをどうぞ!
詳しい情報・地図はこちら

草枕温泉 てんすい

  • 3km 車で4分
16:00〜 農産品直売所 てんすい「郷○市」
天水町の特産品みかんが年中買える直売所農産品直売所 てんすい「郷○市」
天水町の柑橘類は、11種類もの品種があり、それぞれにハウス物、露地物とあるため、てんすい「郷○市」では、1年中何かの柑橘が店先に並んでいます。また、それらの柑橘類で作った加工品も豊富。ゼリーやジャム、アイスクリームをはじめ、ドレッシングや酢などさまざまな商品が並びます。柑橘類のほかにも、季節の野菜、果物、花など、周辺の農家さんが持ち込む産品でいっぱい。

農産品直売所 てんすい「郷○市」農産品直売所 てんすい「郷○市」農産品直売所 てんすい「郷○市」

隣接するレストラン『みかんの花』では、地元の野菜をたっぷり使った、3色の団子が彩りよい「だご汁定食」、時期によって中身が変わる手作りコロッケは常連客人気の一品。この時季、有明海特産の「あさりコロッケ」に出会えたら“超ラッキー”です!!

物産館・道の駅レポート 農産品直売所 てんすい「郷○市」
詳しい情報・地図はこちら



真っ白な絨毯を敷きつめたよう…、天然アロマを楽しめる<br />天水町のみかん山のドライブを楽しもう
みかん山を埋めつくすように咲き誇るみかんの花を眺め、香りを楽しみませんか?
ドライブしながら、あちこちにある展望所で深呼吸するもよし、車を降りてみかんの里と草枕の里天水を散策するもよし。小天一帯には、文豪夏目漱石にまつわる施設が多く残されています。詳しくは、草枕交流館で案内を受けて回ると分かりやすく、楽しく回れますよ。

お立ち寄り情報
山の上展望公園
  • 熊本県玉名市横島町横島1960-1
  • 電話:0968-73-2222(玉名市商工観光課)
  • 入園料:無料
  • P:あり
  • トイレ:あり
そば処「秀(ひで)」
  • 熊本県玉名市天水町小天656-5
  • 電話:0968-82-5554
  • 営業時間:
    昼 11:00〜14:30
    夜 17:30〜20:00
  • 定休日:水曜(祝日を除く)
  • P:あり
なな・みかんギャラリー
  • 熊本県玉名市天水町野部田山神平
  • 電話:0968-71-5355
  • 道案内:http://www.nanamikan.com/chizu/miti.htm
  • 営:5月3日、4日、5日、6日 4日間のみ開館
    (他の日は電話予約をお願いします)
  • 入館料:無料
  • P:あり
草枕温泉 てんすい
  • 熊本県玉名市天水町小天511-1
  • 電話:0968-82-4500
  • 営業時間:10:00〜21:00(20:30まで受付)
  • 定休日:不定休
  • P:あり
  • 料金:大人500円、小人(中学生以下)200円
農産品直売所 てんすい「郷○市」
  • 熊本県玉名市立花1977-1
  • 電話:0968-82-5022
  • 営業時間:[直売所]9:00〜18:00(11月から〜17:30)[みかんの花]11:00〜16:00
  • 定休日:年末・年始(31日PM〜4日)
  • P:あり
お店の地図

アイコンにカーソルをあてると、店名が表示されます。

一緒に楽しむおすすめ情報
お肌ツルツル 和水町「栗山温泉 紅さんざし」
お肌ツルツル 和水町「栗山温泉 紅さんざし」
2010.06.01更新 熊本県北の温泉
「玉名-和水町エリア」のおいしいランチ
「玉名-和水町エリア」のおいしいランチ
2011.07.01更新 この界隈のうまかもん
玉名市のつるばあちゃんまんじゅうの『ギョーザまんじゅう』
ユニークな形・大きさと独特の食感が魅力の
塩山食品の「南関あげ」
2010.12.24更新 厳選のお持ちかえり

近隣のサポーター店

ページトップへ